メインイメージ



高齢化が進む中、独り暮らしのお年寄りや老々介護など、お年寄りを取り巻く環境は決して楽なものではありません。家族だけで抱え込み、悩み、笑顔をなくすよりも 、家族のように支えてくれる人が周りにいて、安心して暮らせる場所があったらどんなに幸せなことか、と考えます。 人と一緒に支えあって、笑顔で生活していってほしいと思います。入居者様とそのご家族みなさまが幸せでいるために利用してもらえる、そんな場所を提供していきたいと思っています。

ながらの家は、食事などのサービスがついた高齢者向けの居住施設です。 入居される個人の生活を大切にしながら、必要なケアサービスはデイサービス訪問介護などの介護保険サービスにて対応し、外出・通院・洗濯・服薬支援など暮らしのお手伝いは、施設サービスにて対応いたします。

ながらの家ってどんなところだろう?という方に 施設見学・体験入居も随時行っています。
詳しくはこちら

ながらの家とは サービス紹介

施設・料金紹介

「24時間介護サービス付き 高齢者住宅」事業 設立趣意

岐阜に根差し、地域のかかりつけ薬局No.1を目指して20年、薬局薬剤師の立場から医療や介護の現場に携わってまいりました。高齢化が進む中、独り暮らしのお年寄りや老々介護など、お年寄りを取り巻く環境は決して楽なものではありません。介護保険の導入により介護に関するサービスや施設はかなり増えており、多種多様になってきてはいます。しかしながら、今の介護保険では全ての人が、各々に必要な介護を十分に受けられるとは限らないのが現状です。

私どもは薬剤師としてお年寄りと接する機会も多く、在宅介護の現状を目の当たりにし、また自分自身の身内の介護を通して、次のようなことを考えるようになりました。家族のように支えてくれる人が周りにいて、安心して暮らせる場所があったらどんなに幸せなことか、と。

確かに本当の家族と一緒に暮らすのが一番幸せなことかもしれません。しかし、実際の生活の中で24時間の介護がどれほど大変なことかは言うまでもありません。様々な問題も出てくるでしょう。家族だけで抱え込み、悩み、笑顔をなくすよりも、人と一 緒に支えあって、笑顔で生活していってほしいと思います。入居者様のご家族みんなが幸せでいるために利用してもらえる、そんな場所を作りたいと思っています。

そこで私どもは「介護サービス付き高齢者住宅」事業をスタートさせることといたしました。この「介護サービス付き高齢者住宅」とは、訪問介護事業所やデイサービスなどを併用し、健康管理、食事、介護、その他の生活諸サービスに至るまで日常生活のあらゆる面でのサービスを提供し、入居者様が充実した生活を送れるようにするところです。

私どもは長年医療や介護の現場に携わってきましたが、介護施設の運営に関しては素人です。しかし、素人の私たちだからこそ固定観念にとらわれずできることがあると思います。目指す施設は一つ、ここで働く私たちが将来自分もここで暮らしたいと心から思える施設を作りあげることです。

 
Copyright© since 2011 平成介護福祉センター ながらの家 All Rights Reserved.