ながらの家とは

ながらの家は「サービス付き高齢者向け住宅」です。
「サービス付き高齢者向け住宅」は高齢者の居住の安定を確保することを目的として、バリアフリー構造等を有し、介護・医療と連携し高齢者を支援するサービスを提供する住宅であり、一言でいうと、一般の住宅と介護施設の中間的な住まいです。
高齢者住まい法により、従来の高齢者専用賃貸住宅(高専賃)・高齢者向け優良賃貸住宅(高優賃)等を一本化し、新たに創設された制度であり、一定のルールに従って運営しております。

<サービス付き高齢者向け住宅事業登録制度に関する参考サイト>
国土交通省ホームページ
岐阜県庁ホームページ
岐阜市役所ホームページ
一般財団法人 サービス付き高齢者向け住宅協会(旧「高専協」)

ながらの家の特徴

<入退去の簡便さ>
一般に、有料老人ホームでは入居一時金として、入居時に多くの費用がかかりますが、「サービス付き高齢者向け住宅」では、賃貸住宅の敷金・火災保険料(賃貸住宅総合)の発生となっています。そのため、お気軽にご入居、ご退去していただくことが可能になっています。

<サービス・設備>
一般的に自宅での介護は家族の負担や、ちょっとした段差などの家の構造が障害になり大変なものです。ながらの家はバリアフリー構造を有しており、生活相談員や介護ヘルパーの資格所持者が日ごろの生活相談から介護を含め様々なサービスを提供し、入居者様とそのご家族のみなさまが笑顔でいられる場所を提供します。

また当施設の1階には美濃薬膳師の横平義春が料理長を務める「食事処よこひら亭」、岐阜市近郊に直営14店舗とフランチャイズ店5店舗を営む「平成調剤薬局」の本店が併設しています。当施設のお料理は「食事処よこひら亭」の料理長が管理、ご提供致します。

<ふれあい>
ながらの家にご入居される方は概ね60歳以上の方となっております(※ご夫婦入居の場合、どちらかが60歳以上)。そのため同年齢の方々と楽しく仲良く暮らす事ができます。また、共同生活スペースを設けており自由にご利用いただけるとともに、そこで習い事教室などを開催してみなさまと楽しい時間を過ごしたいと考えています。

<立地>
徒歩数分の範囲に岩砂病院、波多野医院、ドラッグストア、郵便局、銀行、バス停などがあり、暮らしやすい立地となっています。

このような方々にご入居をおすすめいたします

「一人暮らしが不安な方」
「介護が必要な方」 (要介護度5の方まで)
「自宅での生活が困難な方」
「介護施設への入居待ちの方」 ※他施設の入居までの期間のみでもご入居いただけます
「ご夫婦同士の介護でお困りの方」

お問い合わせからご入居まで

1.資料のご請求、相談などお問い合わせ(お問い合わせページ
2.ご見学:随時、ご見学を受付けております。事前にご連絡いただければお食事のご用意も可能です。
3.面談:入居者様やご家族様などのご関係の深い方と直接面談をいたします。
4.お申込み:入居申込書を記入いただくとともに、申込金をお支払いいただきます。
5.ご契約
6.ご入居:体験入居も可能です。

Copyright© since 2011 平成介護福祉センター ながらの家 All Rights Reserved.